グッズ

サステナブル・エシカルなアウトドアブランドをご紹介!

2020年11月10日

こんにちは!

昨今のキャンプブームでアウトドアブランドが熱い注目を集めていますね。

自然を遊び場にするアウトドアにおいて、サステナブルやエシカルな考え方は切っても切り離せないものです。

今回はサステナブル・エシカルな取り組みを行っているアウトドアブランドをご紹介します。

サステナブル・シカルって何?という方はこちらの記事をどうぞ。「サステナブル・エシカル・オーガニックって何?具体例を使って解説します。

Patagonia

エシカルアウトドアブランの代表格であるPatagonia。

代表的な取り組み:

  • 1996年にオーガニックコットンのみの使用を開始。
  • リサイクルのペットボトルでフリースを製造・販売。
  • オーガニックなビールを販売

参考:https://www.patagonia.jp/blog/

などなど、様々な取り込みを行いアウトドア業界のエシカルムーブメントを引っ張っていく存在であるPatagonia。

最近では、リジェネラティブ農業も取り入れ認証をつくるまでに至っています。

象徴的な商品はフリースですね。

決して安くはないですが、着ればわかるぬくもりと動きやすさの絶妙な共存。

2025年までにサプライチェーンを含む事業全体においてカーボン・ニュートラルになることを目指すなど、サステナブルな世界の実現を目指す取り組みで世界中の注目を集めるPatagoniaに今後も注目です。

Snow Peak

キャンプギアの王様であるSonw Peak。

直営店での不要衣類の回収やリサイクル素材でのTシャツ作成などを行っていますが、何より印象的なのが使命として掲げる「人間性の回復」です。

キャンプを通じて、普段耳にすることのない川のせせらぎや鳥の声、風が揺らす葉っぱの音たちに自然の尊さを感じる。そんな時間が心にゆとりを生み出し、人や自然のことを思いやる「人間性」を「回復」させ、良い循環が生まれる。

スノーピークのギアはめちゃくちゃかっこよくて、その洗練されたデザインと機能性は、キャンパーの人間性の回復をより一層助長します。

象徴的な商品は「焚火台」です。

何の因果か、こちらも1996年の発売です。直火による地面や周辺の植物環境への悪影響を防ぐルールを作ることになった一品。

その妥協のない洗練されたデザインだけでなく、収納性や抜群の耐久力でも群を抜きます。

スノーピークの製品は決して安くはないですが、丈夫なので長く使い続けられるというエシカルを体言しています。

まとめ

今回取り上げたPatagoniaとSnow Peakに共通することは、「決して安くはないが、こだわって作られており、機能性や耐久性に優れているため長く使い続けることができる」ということです。

長く使い続けられるということは、環境破壊の大きな要因である大量消費のアンチテーゼとしてとても大切な要素です。

そして、とことんこだわったこれらのブランドのアイテムは我々の「人間性の回復」の一助になってくれます。

切っても切り離せないアウトドアと環境問題。アウトドアを楽しみ続けるためには、サステナブル・エシカルな選び方・楽しみ方も参考にしてください。

スポンサーリンク

-グッズ

© 2021 サステナブル・ライフ