フリートーク

【三行で撃つ】文章に触れる人は覚悟して読むべし

中高生のとき、毎年春に開かれるとある行事が楽しみでしかたなかった。

しかし、その日が近づくにつれ、行事が終わることを想像するとやりきれない気持ちも湧いてくる。いっそ、始まらないでくれと思うぐらいに。

「三行で撃つ」

表紙を見て、なぜかこの本にそれと同じ境地を感じた。一番読みたい本なのに、なぜか手を付けたくなかった。

現在読後1時間ほどであるが、余韻が終わらない。

これから読む人は、実用書の枠ではないことを覚悟する必要がある。多少なりとも文章に触れている人間であれば、人生を変えられてしまう気負いで挑まなければならない。

言葉にするのも野暮ですが、こういったブログなので、本書からの学びを1つだけ抜粋します。

それは、「常套句をなくせ」ということです。

常套句とは、考えていない、感じていない、自分の目で見ていない、ということ。

書き手として本質を欠くことであると同時に、人生のあらゆる面で生かされる姿勢であると思いました。

端的に言うと、「ボーッと〇きてんじゃねーよ!」

この本の作成に携わったみなさんに深謝したくなる一冊です。

スポンサーリンク

-フリートーク

© 2021 サステナブル・ライフ